自作ウッドストーブ2号(改)(ガタつき防止対策編)20160312

庭コーヒーをする時のウッドストーブ2号(改)のガタつきと、ワンパイントカップのスス汚れを防止する対策をたてました。

拾ってきた松ぼっくりを、

wood_stove_ver2_20160312-1

燃えやすいように割ったり、

wood_stove_ver2_20160312-2

2号へ投入しやすいように、つぶしたりしておきます。

wood_stove_ver2_20160312-3

事務用クリップ(?)4個を使って、

wood_stove_ver2_20160312-4

2号(2つのウインドスクリーン)がガタつかないように固定します。

wood_stove_ver2_20160312-5

ひっくり返して、松ぼっくりを入れたら、五徳を乗せて、

wood_stove_ver2_20160312-6

ワンパイントカップがススで汚れないように、アルミの空き缶を代用し、水を入れて火にかけます。(五徳の形は乗せる物によって変形自在です)

wood_stove_ver2_20160312-7

アルミの空き缶はフタも不要で、ワンパイントカップよりも速く沸騰した気がします。

写真に写っているナベつかみ(?)は細身のラジオペンチの先端部分を折り曲げて自作しました。(アルミ缶のフチを掴んでお湯をそそぐことができて便利です)

wood_stove_ver2_20160312-8

事務用クリップ(?)を使うことにより、2号の燃焼時のガタつきが無くなり、五徳が安定しました。

アルミの空き缶を使うことより、ワンパイントカップのスス汚れが無くなり、後片付けが楽になりました。

ほんの少しのアイデアで大きな収穫がありました。

 

自作ウッドストーブ(牛乳パックで庭コーヒー編)20170504

自作ウッドストーブ(アルミ空き缶ヤカンで庭コーヒー編)20170311

自作ウッドストーブで焚き火とコーヒー編(20161231)

自作ウッドストーブで焚き火と銀杏編(20161123)

薪と松ぼっくり補充編(20161112)

自作ウッドストーブ5号(改善+庭コーヒー編)20160918

自作ウッドストーブ4号(改善編)20160912

自作ウッドストーブたちの(パッキングとメンテナンス編)20160508

自作ウッドストーブ5号(制作編)20160505

自作ウッドストーブ4号(アルミ空き缶ヤカンで庭コーヒー編)20160319

自作ウッドストーブ2号(改)(ガタつき防止対策編)20160312

自作ウッドストーブ2号(改)(制作編)20160228

自作ウッドストーブ4号(制作編)

自作ウッドストーブ3号(制作&失敗編)

自作ウッドストーブ2号(制作編)

自作ウッドストーブ1号(松ぼっくり&牛乳パックで庭コーヒー牛乳編)20160116

自作ウッドストーブ1号(庭コーヒー編)20151220

自作ウッドストーブ1号(薪作り編)

自作ウッドストーブ1号(制作編)

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA