自作ウッドストーブ5号(庭コーヒー編)20171230

作ウッドストーブ5号を使い、お湯を沸かしてコーヒーを飲みます。

底からマッチで火入れします。

火が熾きました。

缶コーヒーの空き缶でお湯を沸かします。

追加の薪は上から足します。

お湯が湧きました(コーヒーはインスタントです)

お湯を注いで完成です(ごちそうさまでした)

 

スポンサーリンク



自作ウッドストーブ用薪作り(20171112)

剪定した庭木を使ってウッドストーブ用の薪を作ります。

薪造りの道具たちです。

今回太い枝は輪切りにしました(節のあるところは割るより楽です)

細い枝は短く切って割ります。

今日はこのくらいにしておきます(タッパの中身はおがくずと木の皮です)

 

 

スポンサーリンク




自作ウッドストーブ4号で庭コーヒー(20171105)

自作ウッドストーブ4号を使ってインスタントホットコーヒーを飲みます(しばらく使っていなかったので錆びています)

中身を詰め込みます(みかんの皮、選定した庭木の枝、木の実のようなもの)

着火!

今日の蓋は、ちぎった牛乳紙パックでしたが燃料になってしまいました。

よく燃えています。

おいしいコーヒーが出来上がりました(ワンパイントロッキーカップの外側は煤でまっ黒です)

 

 

スポンサーリンク




自作ウッドストーブ4号で庭コーヒー(20170820)

自作ウッドストーブ4号を使ってインスタントホットコーヒーを飲みます(ヤカンの代わりに缶コーヒー缶を使います)

底に針金を丸めたものを入れて空気の通りを良くします(いつもどおりです)

今日の着火材は、ちぎった牛乳紙パックです。

いつもは上からですが、今日は底の空気穴からマッチで火を点けます(煙がすごいです)

炎が上がれば、もうだいじょうぶです。

木端と割り箸と牛乳紙パックを追加することに集中していたら、吹きこぼれて沸騰していることに気付きました。

コーヒー缶ヤカンは煤で真っ黒になりました(元々UCCブラック缶ですが)

 

スポンサーリンク