自作ウッドストーブ5号(庭コーヒー編)20171230

作ウッドストーブ5号を使い、お湯を沸かしてコーヒーを飲みます。

底からマッチで火入れします。

火が熾きました。

缶コーヒーの空き缶でお湯を沸かします。

追加の薪は上から足します。

お湯が湧きました(コーヒーはインスタントです)

お湯を注いで完成です(ごちそうさまでした)

 

スポンサーリンク



自作ウッドストーブ4号で庭コーヒー(20171105)

自作ウッドストーブ4号を使ってインスタントホットコーヒーを飲みます(しばらく使っていなかったので錆びています)

中身を詰め込みます(みかんの皮、選定した庭木の枝、木の実のようなもの)

着火!

今日の蓋は、ちぎった牛乳紙パックでしたが燃料になってしまいました。

よく燃えています。

おいしいコーヒーが出来上がりました(ワンパイントロッキーカップの外側は煤でまっ黒です)

 

 

スポンサーリンク




自作ウッドストーブ4号で庭コーヒー(20170820)

自作ウッドストーブ4号を使ってインスタントホットコーヒーを飲みます(ヤカンの代わりに缶コーヒー缶を使います)

底に針金を丸めたものを入れて空気の通りを良くします(いつもどおりです)

今日の着火材は、ちぎった牛乳紙パックです。

いつもは上からですが、今日は底の空気穴からマッチで火を点けます(煙がすごいです)

炎が上がれば、もうだいじょうぶです。

木端と割り箸と牛乳紙パックを追加することに集中していたら、吹きこぼれて沸騰していることに気付きました。

コーヒー缶ヤカンは煤で真っ黒になりました(元々UCCブラック缶ですが)

 

スポンサーリンク




自作ウッドストーブ(牛乳パックで庭コーヒー編)20170504

自作ウッドストーブ4号を使って庭でお湯を沸かし、インスタントコーヒーを飲みます。

燃料は、乾燥させたミカンの皮と使用済みの割りばしと剪定した庭の小枝と牛乳パックです。

鍋は牛乳パックを代用します。

ナベ蓋も牛乳パックです。

牛乳パックは燃えていません。

お湯が沸いたのでインスタントコーヒーを飲みます。

牛乳パックは燃えませんでしたが、燃料は完全燃焼しました。

 

自作ウッドストーブ(牛乳パックで庭コーヒー編)20170504

自作ウッドストーブ(アルミ空き缶ヤカンで庭コーヒー編)20170311

自作ウッドストーブで焚き火とコーヒー編(20161231)

自作ウッドストーブで焚き火と銀杏編(20161123)

薪と松ぼっくり補充編(20161112)

自作ウッドストーブ5号(改善+庭コーヒー編)20160918

自作ウッドストーブ4号(改善編)20160912

自作ウッドストーブたちの(パッキングとメンテナンス編)20160508

自作ウッドストーブ5号(制作編)20160505

自作ウッドストーブ4号(アルミ空き缶ヤカンで庭コーヒー編)20160319

自作ウッドストーブ2号(改)(ガタつき防止対策編)20160312

自作ウッドストーブ2号(改)(制作編)20160228

自作ウッドストーブ4号(制作編)20160214

自作ウッドストーブ3号(制作&失敗編)20160211

自作ウッドストーブ2号(制作編)20160207

自作ウッドストーブ1号(松ぼっくり&牛乳パックで庭コーヒー牛乳編)20160116

自作ウッドストーブ1号(庭コーヒー編)20151220

自作ウッドストーブ1号(薪作り編)20151219

自作ウッドストーブ1号(制作編)20151219

 

 

スポンサーリンク