庭の自作ビオトープ(20180915)仔メダカ移動最終編

今日、水連鉢に残っていた最後の一匹がビオトープに移ります。

今年最後まで水連鉢に残っていた一匹です。

大きなところに移って大きくなってほしいです。

今年も水連鉢の役目が終わりました。

次の時が来るまで庭のすみっこに伏せておきます(その間誰かの隠れ家として使われることでしょう)

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20180715)仔メダカ移動編

水連鉢で育った体格の良い4匹が本日付けでビオトープへ異動となりました。

(写真は異動したうちの1匹です)

水連鉢から仔メダカを掬いだす時、ポリタンク内の仔メダカを個々にビオトープへ移すことは無理なことに気づきました(救出できません・・・)

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20180610)水温は24℃

今日の様子です。

今日の水温は24℃です。

ポリタンク内の水質検査結果です(正常値の範囲内です)

ポリタンクの仔メダカも大きくなりました。

数も増しています。

しかし親たちは巨大です。

水連鉢でもメダカの卵を育て始めました。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20171008)次の季節へ移動中

今日の様子です(今は屋根が被さっています)

蚊取り隊もフル出動(現在11個が入隊中、ローソクランタンは除隊しています)する必要は無くなりました。

今日の水温は20℃です(もうすぐ10℃台が出そうです)

世代交代を繰り返しながら、現在100匹以上のメダカがここで生活しています(毎年今の時期は、このくらいの個体数を維持していますね)

ビオトープに剪定したビワの葉っぱを入れました(冬場の隠れ家として水底には葉っぱがだいぶ溜まってきました)

発砲スチロールの中で先週見つけた2匹の仔メダカですが、今週になっても2匹しか確認できません(殖えていませんね・・・)

夏の間、仔メダカの飼育で活躍していた水連鉢ですが、役目を終えて次の夏まで一休みと思っていたら、張り付いている仔ヤモリを見つけました。冬の間は仔ヤモリの住処として活躍するのでしょうか(休みなしですね)

黒バケツを移動させてる間に消えていました。

 

スポンサーリンク