庭の自作ビオトープ(卵咥えメダカ発見編)(20160506)

今日の様子です。

biotope-homemade-20160506-10

biotope-homemade-20160506-8

biotope-homemade-20160506-6

biotope-homemade-20160506-4

 

今日の水温は上層部19℃、下層部18℃です。

biotope-homemade-20160506-5

biotope-homemade-20160506-2

 

今朝、付着糸のついた卵を咥えたメダカを見つけました。

biotope-homemade-20160506-3

卵咥えメダカ20160505

 

卵を持っているメダカは何匹も確認していますが、卵を産みつけている所は目視確認できていません。

水草にくっつけずに水底に沈んだ沢山の卵は、ドジョウも食べているみたいです。

夏になってドジョウを見かけると、上から見たシルエットが明らかに春と違います。

ドジョウ春夏比較 

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(黒色底床材追加投入編)(20160501)

ビオトープ拡張工事のときに低床材として使用した鹿沼土が緋めだかの体色と同系色だったため、緋メダカが目立たず黒色の低床材を入れました。しかし量が足りなかったため、ドジョウにかき混ぜられ鹿沼土部分(オレンジ色)が目立ってきました。

biotope-homemade-20160430-2

biotope-homemade-20160430-3

 

そこで新たに黒色の低床材を追加投入します。

biotope-homemade-20160430-1

 

オレンジ部分めがけて、サラサラと流し込みます(すぐに沈んでいきます)

水底が黒っぽくなって、緋メダカが観察し易くなりました。

biotope-homemade-20160430-4

biotope-homemade-20160430-5

しかし、しばらく経てばまた同じことの繰り返しかな。

鹿沼土は緋メダカを観察するには不向きだったかな。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(トカゲ転落編)(20160429)

庭の自作ビオトープには180cmの波板が2枚、屋根として被さっています。

この屋根は、庭の住人(だんご虫、トカゲ、ムカデ)の転落防止も兼ねているのですが、今年も哀しい事故が起きてしまいました。

biotope-homemade-20160429-1

biotope-homemade-20160429-3

biotope-homemade-20160429-2

 

今朝、メダカに餌をあげるときに水底でひっくり返っているトカゲを発見しました。。。。

biotope-homemade-20160429-4-

どこから侵入して、どうやって転落したのか原因不明です。。。。

庭の住人を守れませんでした。。。。

合掌・・・・・・・・・・・・・。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(焼き牡蠣殻投入編)(20160423)

今日の様子です。

biotope-20160423-2

biotope-20160423-1

biotope-20160423-3

biotope-20160423-4

 

今日の水温は

上層部15℃

biotope-20160423-9

 

下層部16℃

biotope-20160423-8

 

牡蠣の殻を焼いて投入します。(カルシウムとか水質に効き目がありそうです)

biotope-20160423-10

 

燃料にアルコールを使い、カキ殻を焼きます。

biotope-20160423-11

 

ゴォォ~シュゴゴォォ~パン!パン!!(殻の破片が飛び散ります)

biotope-20160423-12

 

ほんの少し、焼きあがりました。

biotope-20160423-13

 

ビオトープに入れます。

水底がにぎやかになってきました。(写真だとわかりづらいですが・・)

biotope-20160423-15

biotope-20160423-14

biotope-20160423-16

 

 

スポンサーリンク