庭の自作ビオトープ(20180120)

今日の様子です(水面が浮草で覆われています)

水に浸かっている流木が藻で緑色です。

水温は上層部9℃、

下層部8℃です。

春になったら与える餌を、今の季節に買って置きました。

「COMET メダカの自然食 超浮上性」です。

超浮上性と糸ミミズとミジンコで出来ているというキャッチフレーズが購入の決め手です。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20170827)土管にドジョウ編

今日の水温は27℃です。

メダカのエサのミジンコが無くなりつつあるので購入しました。キョーリンのメダカプロスです。フレークタイプで無着色で高浮上性です。

水草を間引いたら土管の中にドジョウがいました(使ってもらっていてよかったです)

スポンサーリンク




庭の自作ビオトープ(仔メダカ誕生編)(20170604)

屋根無しで雨の当たる軒下のちょっと日陰状態の黒バケツの中でメダカの卵が孵っていました(卵が付着していない浮草は取り除いてビオトープへ戻します)

餌は乾燥ミジンコを割り箸ですりつぶしたものを与えます。

今までメダカに与えていた餌も乾燥ミジンコの中に混ぜ込みます。

親メダカも仔メダカも同じ餌をたべます。


 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(水温が20℃になりました)(20170513)

水温が20℃になりました。

ドジョウは昼間も活動しています(栄養が十分満ち足りている体型をしていますが、目にも止まらぬ素早い動きで姿を消します)

ちょっと暗いですが、模様がきれいです。

メダカのエサをガラス瓶に移し、割り箸数本を使ってかき回したり突いたりして更にすりつぶします(餌の浮力もアップし、同量でも小さいメダカにお鉢が回りやすくなります)

玉網が古くなってきたので買い足しました。

現在使用している玉網と比較すると浅いです。

 

 

スポンサーリンク