庭の自作ビオトープ(浮草をローテーション編)(20170603)

浮草はビオトープに浮かんでいると根が短くなり、メダカやドジョウたちの居ない環境だとなぜか根がグングン伸びます。

そこで放牧地ローテーション方式の要領でウキクサを育てます。

①「ビオトープから根が短くなったウキクサを」→②「メダカの居ないスイレン鉢とか黒バケツへ移し」→③「根が伸びたら」→④「ビオトープへ戻します」→①「根が短くなったら」→②「スイレン鉢とか黒バケツへ移し」→③「根が伸びたら」→④「ビオトープへ戻す」を繰り返します。

ビオトープの中のドジョウとシジミです。

別のスーパーシジミです。

どじょうが太っていますね!!

藻のような何かに覆われていますがカワニナさんです。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(水温が20℃になりました)(20170513)

水温が20℃になりました。

ドジョウは昼間も活動しています(栄養が十分満ち足りている体型をしていますが、目にも止まらぬ素早い動きで姿を消します)

ちょっと暗いですが、模様がきれいです。

メダカのエサをガラス瓶に移し、割り箸数本を使ってかき回したり突いたりして更にすりつぶします(餌の浮力もアップし、同量でも小さいメダカにお鉢が回りやすくなります)

玉網が古くなってきたので買い足しました。

現在使用している玉網と比較すると浅いです。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(アナカリスをカットしてシジミとドジョウ発見編)(20170507)

水の中がアナカリスだらけだったので、カットしました。

穂先だけ戻します。

根っこのついた部分は黒色バケツ2個とスイレン鉢の中へ。

中間部分は廃棄します。

底床材として新たに田砂を入れたので水質が変化していないかテトラの「Test6in1」で検査します。

安全圏内ですね。

底が見えやすくなったので、シジミを見つけました。

ドジョウも田砂に潜っていました。(このあとなにやら4匹が集まっているところを見かけました!!)

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(水温が15℃なので掃除しました)(20170408)

この時期水温にも寒暖の差がありますが今日は15℃です。

メダカ始動です。水草の少ない今のうちに溜まった冬の汚れを取り除きます。

隠れ家用の葉っぱが葉脈だけになったりしていました。

流木も取り出しました(汚れは自然の風雨で落とします)

取り除いたあと、ドジョウの顔を見ることができました。

清掃の途中でシジミを見つけました(冬を越すことができました)

シジミのとなりにいるミミズはどこからやってきたのでしょう?(このあと地上に救出しました)

全体の1/10くらいの底床材を取り出して洗いました

きれいになりましたが今日はここまで・・・残りの9/10はそのうちに・・・

水の入れ替え安心ツールを使って焼き牡蠣殻浸け置き水道水を給水しました。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(ビオトープの住人たちは今日も元気)(20160724)

今日の水温は、自作W水温計で測定の結果、上下とも22℃です。

biotop-20160724-14

 

剪定した庭のブドウの葉をビオトープの東側すみっこに追加投入です。

biotop-20160724-29

 

20リットルくらいの水を取り替えます。(水道水汲み置き6日目です)

biotop-20160724-4

 

ビオトープの水を吸い出して、

biotop-20160724-5

 

バケツを吊るして新しい水を注水します。

biotop-20160724-15

パイプが水の入れ替え安心ツールに少し届かなかったので、W水温計を固定した竹の棒の残りをパイプに入れて継ぎ足しました。(届いたね!!)

biotop-20160724-16

 

全体の5パーセントくらい(この網で約8杯)の底床材を取出して、

biotop-20160724-27

biotop-20160724-17

洗って、

biotop-20160724-23

biotop-20160724-25

biotop-20160724-26

戻します。

biotop-20160724-28

 

スーパー値引きシジミが底床材と一緒にすくい出されました。

biotop-20160724-19

戻します。

biotop-20160724-20

入水管と出水管が出てきました。(これから食事だね)

biotop-20160724-24

 

かわになさんを久しぶりに見かけたので取出してみました。(殻から藻が生えていました)

biotop-20160724-1

もぞもぞしているので、

biotop-20160724-2

すぐに帰りました。

biotop-20160724-3

 

スイレン鉢から3匹の仔メダカがビオトープへ引っ越しました。

7月の連休中に餌の「こっぱみじんこ」をたくさん与えたので、急速に巨大化(体長2cmですが・・・)しました。

biotope-water-lily-bowl-20160724

 

メダカが寝静まった夜に、自分が栄養補助のため飲用しているクロレラ錠剤をドジョウとシジミとカワニナの栄養補助としてたまに投入します。(昼間帯に与えるとメダカが全部食べてしまいます)

biotop-20160724-7

 

ドジョウのツーショットです。(初めて見ました)

biotop-20160724-11

biotop-20160724-10

biotop-20160724-9

ビオトープの住人たちは今日も元気そうです。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(どじょう観察編)(20160604)

3月の拡張工事以来、久しぶりにドジョウを見かけました。

biotope-homemade-loach-20160604-3

何をどれだけ食べているのでしょうか。

biotope-homemade-loach-20160604-1

やっぱり太っていました。

biotope-homemade-loach-20160604-2

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(卵咥えメダカ発見編)(20160506)

今日の様子です。

biotope-homemade-20160506-10

biotope-homemade-20160506-8

biotope-homemade-20160506-6

biotope-homemade-20160506-4

 

今日の水温は上層部19℃、下層部18℃です。

biotope-homemade-20160506-5

biotope-homemade-20160506-2

 

今朝、付着糸のついた卵を咥えたメダカを見つけました。

biotope-homemade-20160506-3

卵咥えメダカ20160505

 

卵を持っているメダカは何匹も確認していますが、卵を産みつけている所は目視確認できていません。

水草にくっつけずに水底に沈んだ沢山の卵は、ドジョウも食べているみたいです。

夏になってドジョウを見かけると、上から見たシルエットが明らかに春と違います。

ドジョウ春夏比較 

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(拡張編)(20160313)

暖かくなってきたので、ビオトープを拡張します。

上層部水温(6℃)

biotope-homemade-extension-20160313-5

 

下層部水温(6℃)

biotope-homemade-extension-20160313-4

 

写真の木と木のあいだのスペース(約50cm)に増築します。(右側のビワの木にぶつからないところまで拡張します)

biotope-homemade-extension-20160313-8

 

使用材料です。

●ビニールシート(W450cm:D130cm) 1枚

●新しい底床材には上質鹿沼土を使います。

biotope-homemade-extension-20160313-9

 

水に浸して、後日投入します。

biotope-homemade-extension-20160313-10

 

●押し入れ収納ケース(W74cm:D40cm:H31cm) 1個

(中にぶらさがっているのは「はんだごて」です)

biotope-bild-2016-1

 

購入した押し入れ収納ケースの片面を「はんだごて」で穴を開けながら溶かし切ります。

biotope-bild-2016-2

biotope-bild-2016-3

biotope-homemade-extension-20160313-6

 

住人たちを退去します。

増え過ぎたアナカリスと冬のあいだメダカのかくれ家になっていた落ち葉を撤去します。

biotope-homemade-extension-20160313-25

 

めだかは大小合わせて90匹くらい生存していました。

 

ドジョウ4匹(背中のマークが区々)とカワニナさん

(ドジョウが1匹、いなくなりました・・・・・・・・・・・ )

biotope-homemade-extension-20160313-2

 

ウキクサたちは、たっぷり残っています。

biotope-homemade-extension-20160313-7

biotope-homemade-extension-20160313-24

 

アナカリスは根づいてどんどん増殖していたので間引きました。

biotope-homemade-extension-20160313-3

 

ウォーターポピー(?)

古い部分は取り除きましたが、冬も成長していました。

biotope-homemade-extension-20160313-18

 

カボンバは見当たりません・・・。(冬を越すことができませんでした・・・)

 

撤去した底床材ハーブ3兄弟を植え替える時に使います。

biotope-homemade-extension-20160313-11

 

植え替えに使う時まで、今回使った底床材が入っていた袋に詰め替えました。(ちょうど同じくらいの分量でした)

biotope-homemade-extension-20160313-1

 

拡張作業を開始する前にコーヒータイム(牛乳紙パックでホットコーヒー)です。

cafe_time_20160313-4

 

一息ついたところで、拡張作業開始です。

古いビニールシートを撤去します。

biotope-homemade-extension-20160313-12

 

新収納ケースと連結する西側の収納ケースを外して、側面をはんだゴテで溶かし切ります。

biotope-homemade-extension-20160313-14

biotope-homemade-extension-20160313-13

 

収納ケースを連結します。

biotope-homemade-extension-20160313-15

 

連結が完了しました。

biotope-homemade-extension-20160313-16

 

新しく購入したビニールシートを被せて、水を入れて全員新居へ戻りました。

biotope-homemade-extension-20160313-20

biotope-homemade-extension-20160313-21

 

バードフィーダー2号も沈んだり浮かんだりしています。

biotope-homemade-extension-20160313-22

 

とりあえず、W340cm:D40cm:H30cmのビオトープが完成しました。

biotope-homemade-extension-20160313-23

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープの冬支度(底床材の追加)(20151011)

現在、ドジョウが姿をギリギリ隠せる程度に敷いている底床材(厚さ2cmくらい)ですが、寒くなる前に追加します(厚さ4cmになるくらいまで)

※底床材は色々混ぜてます。

teishouzai_1

 

teishouzai_natuteishouzai_fuyu

 

 

スポンサーリンク