庭の自作ビオトープ(浮草をローテーション編)(20170603)

浮草はビオトープに浮かんでいると根が短くなり、メダカやドジョウたちの居ない環境だとなぜか根がグングン伸びます。

そこで放牧地ローテーション方式の要領でウキクサを育てます。

①「ビオトープから根が短くなったウキクサを」→②「メダカの居ないスイレン鉢とか黒バケツへ移し」→③「根が伸びたら」→④「ビオトープへ戻します」→①「根が短くなったら」→②「スイレン鉢とか黒バケツへ移し」→③「根が伸びたら」→④「ビオトープへ戻す」を繰り返します。

ビオトープの中のドジョウとシジミです。

別のスーパーシジミです。

どじょうが太っていますね!!

藻のような何かに覆われていますがカワニナさんです。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(アナカリスをカットしてシジミとドジョウ発見編)(20170507)

水の中がアナカリスだらけだったので、カットしました。

穂先だけ戻します。

根っこのついた部分は黒色バケツ2個とスイレン鉢の中へ。

中間部分は廃棄します。

底床材として新たに田砂を入れたので水質が変化していないかテトラの「Test6in1」で検査します。

安全圏内ですね。

底が見えやすくなったので、シジミを見つけました。

ドジョウも田砂に潜っていました。(このあとなにやら4匹が集まっているところを見かけました!!)

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(カワニナさん冬越ししていました)20170416

今日の様子です(アナカリスの成長が早いです)

水温は16℃です。

底床材の掃除中にカワニナさんをみつけました(殻の周りに藻のようなものが沢山付着しています)

スーパーシジミもいました(スーパーからやってきてもうすぐ1年になります)

冬越ししたメダカの中には去年遅く生まれたため、1cm程度の個体も沢山います。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(水温が15℃なので掃除しました)(20170408)

この時期水温にも寒暖の差がありますが今日は15℃です。

メダカ始動です。水草の少ない今のうちに溜まった冬の汚れを取り除きます。

隠れ家用の葉っぱが葉脈だけになったりしていました。

流木も取り出しました(汚れは自然の風雨で落とします)

取り除いたあと、ドジョウの顔を見ることができました。

清掃の途中でシジミを見つけました(冬を越すことができました)

シジミのとなりにいるミミズはどこからやってきたのでしょう?(このあと地上に救出しました)

全体の1/10くらいの底床材を取り出して洗いました

きれいになりましたが今日はここまで・・・残りの9/10はそのうちに・・・

水の入れ替え安心ツールを使って焼き牡蠣殻浸け置き水道水を給水しました。

 

 

スポンサーリンク