庭の自作ビオトープ(底床材に田砂を追加しました)(20170505)

5月になっても水温は20℃に届きません。

現在、100匹くらいのメダカが暮らしています。

現在の底床材には色々な素材が入っています。

メダカの天然黒玉土

腐葉土

松ぼっくりの破片

ウッドストーブからできた炭と灰

鹿沼土、メダカの天然茶玉土、ピュアブラック

ほかにも過去に購入した底床材が入り混じっていますが、そこに田砂(10kg)が仲間入りします。

洗ってから、

そっと流し込みます。

全体の1/4くらいの底床材が田砂で覆われました。

カワニナさん、見つかってしまいました!!(田砂と色が違い過ぎて目立ってしまいました)

逆に緋メダカは目立たなくなりました。。。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(土管のレイアウト変更と底床材清掃編)(20170502)

今日の水温は17℃です。

浮草を間引きましたがアナカリスはそのままです(卵をつけているメダカを見かけたので間引き方法を思案中です)

土管を差し込んで連結しました。

沈めました。

西側の全体の1/9程度の底床材を洗いました。

掬って、

洗って、

過去に投入したさまざまな底床材が混ざっていますが、

戻します。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(水温が15℃なので掃除しました)(20170408)

この時期水温にも寒暖の差がありますが今日は15℃です。

メダカ始動です。水草の少ない今のうちに溜まった冬の汚れを取り除きます。

隠れ家用の葉っぱが葉脈だけになったりしていました。

流木も取り出しました(汚れは自然の風雨で落とします)

取り除いたあと、ドジョウの顔を見ることができました。

清掃の途中でシジミを見つけました(冬を越すことができました)

シジミのとなりにいるミミズはどこからやってきたのでしょう?(このあと地上に救出しました)

全体の1/10くらいの底床材を取り出して洗いました

きれいになりましたが今日はここまで・・・残りの9/10はそのうちに・・・

水の入れ替え安心ツールを使って焼き牡蠣殻浸け置き水道水を給水しました。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(底床材清掃と水質検査)(20160820)

ビオトープの底床材を清掃しました。

biotop-20160820-11

ビオトープの底床材を網ですくって、

biotop-20160816-2

ちび缶バケツに移して

biotop-20160816-1

洗いました。

biotop-20160816-3

洗い流れて少なくなったぶん、底床材を補充します(黒色です)

20160814-5

 

今日は3箇所の水質を調べます。

1.バケツ

20160814-3

2.スイレン鉢

biotop-20160820-6

3.ビオトープ内隔離用ネット

biotop-20160820-12

バケツ、スイレン鉢、ビオトープ内隔離ネットの水質検査結果です。

biotop-20160820-8

サンプルの色と比較します(なんとなく大丈夫そうです)

biotop-20160816-5

 

仔メダカがバケツの中で沢山孵っています。

biotop-20160820-10

biotop-20160820-4

biotop-20160820-5

biotop-20160820-9

 

スイレン鉢に残っている仔メダカの中から13匹がビオトープへ大量移住しました。

biotope-water-lily-bowl-201600820

 

 

スポンサーリンク