庭の自作ビオトープ(20180917)底床材清掃とカワニナさん発見編

今日の水温は24℃です。

去年の秋から冬の隠れ家として投入していた落ち葉がそのまま堆積しているビオトープの東側の底床材を少し清掃しました。

真っ黒です。

さっぱりしました。

久しぶりにカワニナさん。

元気そうです。(下から)

元気そうです。(上から)

水草も散髪してこれから秋です。

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20180823)底床材清掃でシジミ発見編

今日の水温は22℃です。

今日の様子です。

新しい餌を購入しました。

底床材を少し取り出して清掃しました。(汚れています)

あらったあとはすっきりしました。

底床材と一緒にシジミがすくい出されてしまいました。(右側のシジミはスーパーで購入してすぐに死んでしまったシジミの貝殻ですが、左側のシジミはそれから2年間生き延びて成長しています)

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(底床材に田砂を追加しました)(20170505)

5月になっても水温は20℃に届きません。

現在、100匹くらいのメダカが暮らしています。

現在の底床材には色々な素材が入っています。

メダカの天然黒玉土

腐葉土

松ぼっくりの破片

ウッドストーブからできた炭と灰

鹿沼土、メダカの天然茶玉土、ピュアブラック

ほかにも過去に購入した底床材が入り混じっていますが、そこに田砂(10kg)が仲間入りします。

洗ってから、

そっと流し込みます。

全体の1/4くらいの底床材が田砂で覆われました。

カワニナさん、見つかってしまいました!!(田砂と色が違い過ぎて目立ってしまいました)

逆に緋メダカは目立たなくなりました。。。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(土管のレイアウト変更と底床材清掃編)(20170502)

今日の水温は17℃です。

浮草を間引きましたがアナカリスはそのままです(卵をつけているメダカを見かけたので間引き方法を思案中です)

土管を差し込んで連結しました。

沈めました。

西側の全体の1/9程度の底床材を洗いました。

掬って、

洗って、

過去に投入したさまざまな底床材が混ざっていますが、

戻します。

 

 

スポンサーリンク