庭の自作ビオトープ(20181027)葉っぱ投入編

今日の水温はぴったり20℃です。

浮草が殖えています。

乾燥させた庭の無農薬ビワの葉を投入します。

第二弾を乾燥させます。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20181021)流木とか投入編

今日の水温は15℃くらいです。

今日の様子です。

寒いあいだの隠れ家として流木とか陶器類を投入しました。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20180923)ビオトープ内孵化メダカの発見と冬仕度編

今朝の水温は21℃です。

今日の様子です。

庭のキンモクセイも香り始めました。

ビオトープで孵化したと思われる小さな仔メダカが一匹泳いでいました。

冬の隠れ家用に庭のビワの木から、

葉っぱを少し採りました。(乾燥させてビオトープに投入します)

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20171008)次の季節へ移動中

今日の様子です(今は屋根が被さっています)

蚊取り隊もフル出動(現在11個が入隊中、ローソクランタンは除隊しています)する必要は無くなりました。

今日の水温は20℃です(もうすぐ10℃台が出そうです)

世代交代を繰り返しながら、現在100匹以上のメダカがここで生活しています(毎年今の時期は、このくらいの個体数を維持していますね)

ビオトープに剪定したビワの葉っぱを入れました(冬場の隠れ家として水底には葉っぱがだいぶ溜まってきました)

発砲スチロールの中で先週見つけた2匹の仔メダカですが、今週になっても2匹しか確認できません(殖えていませんね・・・)

夏の間、仔メダカの飼育で活躍していた水連鉢ですが、役目を終えて次の夏まで一休みと思っていたら、張り付いている仔ヤモリを見つけました。冬の間は仔ヤモリの住処として活躍するのでしょうか(休みなしですね)

黒バケツを移動させてる間に消えていました。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20171001)メダカが孵っていました

今日の水温は20.5℃です。

水温が20℃あれば活発です。

発砲スチロールの中でメダカが2匹孵っていました。

2匹、写っています。

1匹、写っています。

冬ごもり用の葉っぱを追加しました(たぶん庭木のレッドロビンの落ち葉です)

浮かんでいます。

いつか沈むでしょう。

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20170923)メダカの卵救済容器として発砲スチロールをビオトープに浮かべました

ビオトープにちょうどよいサイズです(内寸法 W=22cm、D=29cm、H=13cm)

黒バケツに入れていた先日見つけたメダカの卵を発砲スチロールの箱に移しました。

10cmくらいビオトープに沈んでいます。

発砲スチロールの下は隠れ家になりそうです。

冬に向けて黒バケツの中よりもあたたかく過ごせそうです。

今日の水温は21℃です。

現在、メダカはビオトープの中に今年生まれたメダカを含めて100匹以上いるみたいです。

冬の隠れ家用に葉っぱを追加投入しました。

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20170917)メダカの卵発見編

今日の様子です。

浮草の葉が大きくなっています。

今日の水温は20℃です。

水草に何かが付着しているのが見えたので掬ったらメダカの卵の塊でした。

見つけたからには救済します(今の時期から大きく育つでしょうか)

黒バケツ1週間汲み置き水道水を給水します。

渡した木を伝って空気を含んだ水が給水されます。

庭のビワの葉っぱを追加投入しました(冬用の隠れ家が増えていきます)

 

 

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(スイレン鉢の仔メダカ引っ越しとビオトープの冬支度)(20170903)

今日の水温は22℃です(しのぎやすくなりました)

 

スイレン鉢の仔メダカはビオトープへ移りました(今年は全部で30匹くらいだと思います)

だいぶ以前からひび割れがありますが、今年も漏れ無く乗り切りました。

 

冬の隠れ家用に庭のブドウとビワの葉っぱをビオトープに入れました。

まだ浮いています(これから追加していきます)

そのうちに沈むでしょう。

スポンサーリンク




庭の自作ビオトープ(仔メダカ孵化と冬支度と水温は17℃)(20161015)

今日の様子です。朝の水温は17℃でした。

20161015-4

20161015-3

去年の冬支度では葉っぱを投入し底床材を増量しましたが、今年はすでに東側のはじっこに葉っぱを投入済みで、西側の隅っこには流木群を構築しているので、あとは底床材の増量だけなのですが、今年は全体の底上げをやめて流木群の一角限定で黒玉土を盛りました。これからドジョウが住みやすい環境に整えていく(崩していく)と思います。

20161015-11

黒玉土

20161015-6

黒玉土投入前

20161015-5

黒玉土投入後(メダカが集まってきました)

20161015-8

この時期は先住民たちの食欲が落ちてきていることと水草が増殖しているおかげで、ビオトープの中で孵った仔メダカたちが生き延びていました。スイレン鉢生まれのチビメダカよりも更に小さいね(当たり前だけど)

20161015-9

20161015-7

20161015-1

20161015-2

今日も牡蠣殻1週間浸け置き水道水を給水してビオトープから同じくらいの水量を排水します。

20161015-10

 

 

スポンサーリンク