庭の自作ビオトープ(20181014)

水温が20℃を下回りました。

まだ卵を持っているメダカがいます。

水を取り替えます。

牡蠣殻入り1週間漬け置き水道水を流し込みます。

 

スポンサーリンク



 

 

庭の自作ビオトープ(20181007)台風一過

風の強い日は屋根が捲れ上がってしまうことが過去に何度もありました。しかし水が溢れ出てしまうことは一度もなく、今回の台風でも屋根が開いてしまいましたが大丈夫でした。ところがいつもと違い水が濁ったままなのでよく見たら底床材がかき回され、根付いていたアナカリスは水面に浮きあがり、土管風の焼き物が各地に散乱しており、まるで洗濯機に放り込まれたようなことが起きていました。

底床材が削られています。

しかしメダカに被害はなく一番小さな仔メダカも無事でした。

濁りが無くならないので底床材を清掃していたらカワニナさんがいました。

シジミも生きていました。

自然の脅威ですね。

 

スポンサーリンク



庭でヤモリ発見編(20180930)

庭に子供のヤモリが出てきました。垂直のコンクリートにくっついています。

まるで地面にいるようです。体の色をコンクリートの色に合わせている途中です。

スポンサーリンク



庭の自作ビオトープ(20180923)ビオトープ内孵化メダカの発見と冬仕度編

今朝の水温は21℃です。

今日の様子です。

庭のキンモクセイも香り始めました。

ビオトープで孵化したと思われる小さな仔メダカが一匹泳いでいました。

冬の隠れ家用に庭のビワの木から、

葉っぱを少し採りました。(乾燥させてビオトープに投入します)

スポンサーリンク