庭の自作ビオトープ(焼き牡蠣殻浸け置き水道水水質検査編)(20170101)

今日の様子です。

水温は8℃です。

自作ビオトープの水質を調べます。

問題ありません。

ポリタンクに入れた焼き牡蠣殻を1.5か月間浸け置きした水道水も調べます。

ポリタンクの中はこんな感じです。焼き牡蠣殻は藻類が付着して茶色になっていますが、水は透明で嫌な臭いはしていません。

水質もビオトープの水とほとんど一緒で、ビオトープの足し水に使っても問題ありませんね。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA